飛蚊症が改善!!〜理由はポッカレモンの「キレートレモン」かも

  • 2017.07.22 Saturday
  • 22:54

2年くらい前、飛蚊症がひどくなったという自覚がありました。白っぽい場所を見ますと、ゴミのような物が浮かんでいるのが見えるのです。老化だから仕方がないと思っていました。

 

これとまったく別の理由で、ポッカレモンの瓶入りの「キレートレモン」を毎日1本飲み始めました。2015年の暮れです。この飲み物にはビタミンCとクエン酸が大量に含まれています。キレートとは、化学の用語でカルシウムの吸収が良化することらしいので、「これは好さそうだ」と考え、ビタミンC不足を補うためにも飲み始めたのです。

 

あれから1年半たち、気がついてみると飛蚊症が完治しているのです。

 

キレートレモンと飛蚊症完治の因果関係は不明ですが、ほかに心当たりがないのできっとキレートレモンのおかげだろうと思っています。

 

なお、キレートレモンには、ガラスのビン入りとペットボトル入りの2種類がありますが、ペットボトルのほうは人工甘味料入りですのでお薦めしません。

 

 

 

健康診断の日〜また視力がアップする!

  • 2015.09.15 Tuesday
  • 22:27
年に一度の健康診断の日でした。すべての結果が出るのは数週間後ですが、視力検査でまた視力アップ! なぜ上がるのか不思議です。

右目1.2、左目1.0・・・。看護師から「バランスのいい視力ですね」とお褒めの言葉をいただきました。

年齢を重ねても、老眼にもならない、それどころか視力がアップする。もう20年近く、毎日6時間程度はパソコンの前にいますので、ブラウン管時代なら紫外線、液晶になってからはブルーレイに晒されても、私の目はびくともしないのです。

親に感謝です。


健診のクリニックは最近芝公園の近く。恒例の東京タワー撮影です。右下に見えるお寺は増上寺です(撮影:Zenfone 2)。


四柱推命・小山内  

果糖(フルクトース)はカラダに悪い!〜その消化過程がアルコールに似ている

  • 2014.03.18 Tuesday
  • 20:56
いわゆる砂糖は、肥りますし、糖尿病にもよくないので、不健康。その代わり果糖は血糖値も上げないし、健康的であるという話をよく耳にしました。

しかし、砂糖は消化吸収されれば、生命活動のエネルギー源になるのですが、果糖はそのままでは生命活動に役立たないため、肝臓に運ばれるのだそうです。つまり、酒を飲み、アルコールを摂取すると、アルコールが肝臓に運ばれ、分解されるのと類似しているのです。

つまり、生命の進化の過程、果糖はアルコールと同じ扱いを受けることになっているのです。そして、果糖は酸化力がブドウ糖(グルコース)の何百倍も強いため、肝臓はその毒性を一刻でも早く消し去るため、急速に分解しようとするのです。

アルコールが肝臓で分解されますと、アセトアルデヒドという有害物質が発生します。果糖も同様に有害物質を発生するそうで、高脂血症、脂肪肝などの原因を誘発するそうです。

果糖というくらいですので、果物に多く含まれます。食品では、清涼飲料水にたくさん使用されています。

何事にも限度がありますが、果糖の取り過ぎは、高脂血症の人は避けたほうが賢明のようです。

【PR】

紙の本/『サクサクわかる四柱推命の本』
(上・下巻セット)小山内彰著
電子書籍もあります。
内容は、四柱推命の入門書です。
前著から、内容も構成も大きく変わりました。そして「五行の調和」に加え、「通変の調和」という新視点についてくわしく解説しています。実例も豊富で、ビートルズの解散の原因について、レノン氏とマッカートニー氏の命運から、誰もが納得のいくような、必然的とも言えるひとつの答えを提示することができました。
また、オリンピック金メダリストの命運から、メダル獲得の必要条件の一端が明らかになりました。


紙の本/中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論 
小山内彰訳註
電子書籍もあります。
『滴天髓』は、700年ほど前、中国において元から明にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。
現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。
中国清朝の皇帝、乾隆帝(けんりゆうてい)、康煕帝(こうきてい)、西太后(せいたいごう)、辛亥革命頃の政治家、蒋介石、孫文、そして任鐵樵、袁樹珊などの著名な命家の実例を掲げています。 
また、本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げて、清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝(ようせいてい)、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝(かんぽうてい)、同治帝(どうちてい)、光緒帝(こうちよてい)、宣統帝(せんとうてい)(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運、つまり、国家のトップとその存亡の関係を四柱推命の視点から解明しています。 
なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」を読まれていることが望ましいと言えます。

 

イオン、食品問題連発〜今度はカマボコから小麦成分検出

  • 2013.11.12 Tuesday
  • 19:59
ネットでは、イオンのプライベートブランド「トップ・バリュー」にたびたび警告を発しています。このトップ・バリューは、生産地不明で、品質はイオンが保証という販売方法が取られています。ですから、最近問題の中国や韓国の食品が混じり込んでいる可能性も高いのです。

今回は、カマボコから検出されるはずのない小麦成分がみつかったようです。小麦なら安全ではないかと思われる人がいるかも知れませんが、小麦アレルギーの人には毒のようなものなのです。

早速、製品は店頭から下げられ、販売は中止。しかし、以下に今年に入ってからの、イオンがらみの食品問題をコピペしておきます。
食品偽装は問題ですが、人の健康に影響を及ぼしかねないイオンの商品は比較にならないほどの大問題です。

【食品】韓国製造のイオンPBチョコ菓子からアレルギー物質[05/03]
http://m.logsoku.com/r/news4plus/1335994587/

【異物混入】イオン、「トップバリュチョコケーキ(韓国で製造)」からアレルギー物質の落花生成分検出
http://m.logsoku.com/r/newsplus/1336005805/

【イオン韓国製チョコでアレルギー物質検出】
http://m.logsoku.com/r/baby/1336034079/

【食品】イオンのPB「トップバリュ塩ラーメン」に発がん性物質、店頭から撤去、回収・・・香港政府が検出★2
http://m.logsoku.com/r/newsplus/1309392513/

【食品問題】イオンがアイスバー「トップバリュアイスバーあずき」30万個回収、アレルギー物質を検出
http://m.logsoku.com/r/newsplus/1215607467/

【イオン】落花生アレルギーをお持ちのお客さまへのお詫びとチョコレートケーキ回収のお知らせ[05/02]
http://m.logsoku.com/r/owabiplus/1336007090/

【食品偽装】消費期限切れの魚、日付を改ざんして販売浜松のイオン系マックスバリュ東海の「ヤオハン立野店」派遣社員が告発
http://m.logsoku.com/r/newsplus/1254772404/1-

イオン系スーパー、商品の消費期限延ばす6年にわたり販売・・・宮城と福島の4店で
http://m.logsoku.com/r/dqnplus/1287501789/

【流通】消費期限切れの魚、日付改ざん販売・浜松のイオン系店舗…「ヤオハン立野店」[09/10/06]
http://m.logsoku.com/r/bizplus/1254781550/

【大阪】イオンで販売の「小アジ」にフグ(キタマクラ…毒性あり)が混入
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368234006/

【社会】トップバリュの国産小豆を使用したアンパン「あんでござる」に中国産が混入-イオン
http://m.logsoku.com/r/newsplus/1225443050/


【PR】

紙の本/『サクサクわかる四柱推命の本』
(上・下巻セット)小山内彰著
電子書籍もあります。
内容は、四柱推命の入門書です。
前著から、内容も構成も大きく変わりました。そして「五行の調和」に加え、「通変の調和」という新視点についてくわしく解説しています。実例も豊富で、ビートルズの解散の原因について、レノン氏とマッカートニー氏の命運から、誰もが納得のいくような、必然的とも言えるひとつの答えを提示することができました。
また、オリンピック金メダリストの命運から、メダル獲得の必要条件の一端が明らかになりました。


紙の本/中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論 
小山内彰訳註
電子書籍もあります。
『滴天髓』は、700年ほど前、中国において元から明にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。
現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。
中国清朝の皇帝、乾隆帝(けんりゆうてい)、康煕帝(こうきてい)、西太后(せいたいごう)、辛亥革命頃の政治家、蒋介石、孫文、そして任鐵樵、袁樹珊などの著名な命家の実例を掲げています。 
また、本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げて、清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝(ようせいてい)、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝(かんぽうてい)、同治帝(どうちてい)、光緒帝(こうちよてい)、宣統帝(せんとうてい)(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運、つまり、国家のトップとその存亡の関係を四柱推命の視点から解明しています。 
なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」を読まれていることが望ましいと言えます。

 

フランチャイズで多用される中国産食材〜安価な店は要注意!

  • 2013.10.31 Thursday
  • 20:49
中国の環境汚染は凄まじく、国土のほとんどが重金属で汚染され、空気はPM2.5で汚れ、河川は魚も住めないような状態のようです。まともな農作物を収穫できる環境とは思えません。

その中国から、大量の食材が輸入され、おもにフランチャイズやスーパーで販売されています。

日本の輸入業者もそれなりに検査はしているのでしょうが、ごく一部の抜き取り検査ですので、見逃しがあるのではないかと思っています。

ですから、フランチャイズでの食事を避けています。また、異様に安い店も避けます。

中国人も食べないような食材を輸入し、日本は大量消費しているのです。
一番気味が悪いのは鶏肉。ピーナッツの90%は中国産。タマネギは至る所で使用されています。

【関連ニュース】
スーパーの唐揚げに注意!? 意外と危険な日本の食事情

【PR】

紙の本/『サクサクわかる四柱推命の本』
(上・下巻セット)小山内彰著
電子書籍もあります。
内容は、四柱推命の入門書です。
前著から、内容も構成も大きく変わりました。そして「五行の調和」に加え、「通変の調和」という新視点についてくわしく解説しています。実例も豊富で、ビートルズの解散の原因について、レノン氏とマッカートニー氏の命運から、誰もが納得のいくような、必然的とも言えるひとつの答えを提示することができました。
また、オリンピック金メダリストの命運から、メダル獲得の必要条件の一端が明らかになりました。


紙の本/中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論 
小山内彰訳註
電子書籍もあります。
『滴天髓』は、700年ほど前、中国において元から明にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。
現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。
本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げて、清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝(ようせいてい)、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝(かんぽうてい)、同治帝(どうちてい)、光緒帝(こうちよてい)、宣統帝(せんとうてい)(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運、つまり、国家のトップとその存亡の関係を四柱推命の視点から解明しています。
なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」を読まれていることが望ましいと言えます。

 

納豆ダイエット、朝バナナダイエット、今度はサバ缶ダイエット〜食べて痩せるわけもなし

  • 2013.08.06 Tuesday
  • 20:44
 またテレビの番組がきっかけで、ダイエットブームが起こっているようです。今度はサバ缶です。
以前からサバは優れた食材だと思っています。缶詰も美味しいし、値段も安い。サバの味噌煮もいいですし、一番好きなのは、シメサバです。ただし、シメサバはかなりものが良い必要があります。表面だけしめて、ほとんど生食できるのが最高ですが、なかなか巡りあいません。
 納豆ダイエット、朝バナナダイエットと続き、今度はサバ缶ダイエット。これらのダイエットに共通することは、食事で痩せるという、あり得ない前提があることです。
 痩せるには基礎代謝量を上げるしか方法はないはずです。基礎代謝量を上げる唯一の方法は筋肉を付けることです。
 一番安くて手軽な基礎代謝量を上げる方法は有酸素運動ですが、その代表がサイクリングです。
 以前、10年ほど連続で、年間1000キロ以上サイクリングをしていたことがありますが、体組成の計測機能がある体重計で測ると、基礎代謝量は1500KCal/日くらいを保っていて、年齢・身長のデータを入れると、身体年齢は「18歳相当」と出ていました。
 女性も体型を保つためには、筋肉を落とさないこと。ダイエットにはこれしか方法はないはずです。
【関連ニュース】
(上・下巻セット)小山内彰著
電子書籍もあります。
内容は、四柱推命の入門書です。
前著から、内容も構成も大きく変わりました。そして「五行の調和」に加え、「通変の調和」という新視点についてくわしく解説しています。実例も豊富で、ビートルズの解散の原因について、レノン氏とマッカートニー氏の命運から、誰もが納得のいくような、必然的とも言えるひとつの答えを提示することができました。
また、オリンピック金メダリストの命運から、メダル獲得の必要条件の一端が明らかになりました。


紙の本/中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論 
小山内彰訳註
電子書籍もあります。
『滴天髓』は、700年ほど前、中国において元から明にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。
現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。
本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げて、清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝(ようせいてい)、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝(かんぽうてい)、同治帝(どうちてい)、光緒帝(こうちよてい)、宣統帝(せんとうてい)(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運、つまり、国家のトップとその存亡の関係を四柱推命の視点から解明しています。
なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」を読まれていることが望ましいと言えます。

 
 

初耳〜チーズを食べると虫歯予防!

  • 2013.06.11 Tuesday
  • 20:44
虫歯の原因は、口内の細菌により、食べ物の残りかすが分解され、酸性になって歯が溶けるからですが、記事によると、チーズを食べると、アルカリ性になり、虫歯予防になるそうです。
つまり、チーズさえ食べれば、食後歯を磨かなくてもかまわないということなのでしょうか。
また、チーズにより、唾液の分泌も促進されるとあります。
ニュースソースはアメリカですが、この手の研究は、真逆の話もあったりしますので、信じていいものやら疑心暗鬼です。しかし、割と信憑性がある内容に思えます。
【関連サイト】
(上・下巻セット)小山内彰著
電子書籍もあります。
内容は、四柱推命の入門書です。
前著から、内容も構成も大きく変わりました。そして「五行の調和」に加え、「通変の調和」という新視点についてくわしく解説しています。実例も豊富で、ビートルズの解散の原因について、レノン氏とマッカートニー氏の命運から、誰もが納得のいくような、必然的とも言えるひとつの答えを提示することができました。
また、オリンピック金メダリストの命運から、メダル獲得の必要条件の一端が明らかになりました。


紙の本/中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論 
小山内彰訳註
電子書籍もあります。
『滴天髓』は、700年ほど前、中国において元から明にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。
現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。
本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げて、清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝(ようせいてい)、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝(かんぽうてい)、同治帝(どうちてい)、光緒帝(こうちよてい)、宣統帝(せんとうてい)(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運、つまり、国家のトップとその存亡の関係を四柱推命の視点から解明しています。
なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」を読まれていることが望ましいと言えます。

 

健康食品カルチニンが不健康食品の仲間入り

  • 2013.05.10 Friday
  • 21:28
脂肪を燃焼する作用があるとして、サプリメントになっているカルチニンが血栓の原因物質で、過剰摂取は心臓病の原因となるという研究結果が発表されました。
カルチニンを健康食品と信じていた人は右往左往していることでしょう。また、販売会社も対応に苦慮しているのではないかと想像します。
そもそも食べ物やサプリメントで健康になろうとすること自体がおかしな話です。すべての食物は人間にとって異物です。
健康を維持するには運動が一番でしょう。そして食べたいものを食べたい時に食べ、ストレスをためないこと。以上に尽きるのではないかと考えます。
【関連ニュース】
(上・下巻セット)小山内彰著
電子書籍もあります。
内容は、四柱推命の入門書です。
前著から、内容も構成も大きく変わりました。そして「五行の調和」に加え、「通変の調和」という新視点についてくわしく解説しています。実例も豊富で、ビートルズの解散の原因について、レノン氏とマッカートニー氏の命運から、誰もが納得のいくような、必然的とも言えるひとつの答えを提示することができました。
また、オリンピック金メダリストの命運から、メダル獲得の必要条件の一端が明らかになりました。


紙の本/中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論 
小山内彰訳註
電子書籍もあります。
『滴天髓』は、700年ほど前、中国において元から明にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。
現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。
本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げて、清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝(ようせいてい)、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝(かんぽうてい)、同治帝(どうちてい)、光緒帝(こうちよてい)、宣統帝(せんとうてい)(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運、つまり、国家のトップとその存亡の関係を四柱推命の視点から解明しています。
なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」を読まれていることが望ましいと言えます。

 

怪しげな2リットル10500円もするミネラル水を勧められる

  • 2013.05.03 Friday
  • 20:08
ネット上で健康食品を扱っているサイトは多くありますが、そのほとんどすべて宗教がらみであることは、以前より認識していました。
最近、行きつけの居酒屋で、2リットル10500円もするミネラル水を勧められたので、早速ググってみましたが、やはり宗教がらみでした。社長は経歴不詳で、パンフレットにわずかある自己紹介の中に霊感があると書かれていて怪しさ倍増です。
そのミネラル水は、30ccくらいを薄めて飲むそうです。飲んでいる人の話では、「花粉症が治った」ということです。
ミネラル水の色はやや黄味がかっていて、いわゆる硬水なのでしょう。お茶と混ぜると黒い沈殿が起きるそうですから、鉄分が含まれていることがわかります。老朽化した家屋の水道の場合、水道から黄色い水が出てくることがありますが、このミネラル水は鉄さび入りのようです。
一方、最近、名古屋大学を始め、世界の一流大学の研究結果として、鉄分がガンの原因ではないかといわれ始めています。鉄分のサプリメントなどは、鉄分過剰になるので、摂らないほうがよいと結論づけています。ネットで、「鉄分 ガン」で検索してみてください。
また鉄分と酸素が反応しますと活性酸素が発生し、それがガンの原因となるとともに、老化の原因にもなるそうです。
2リットル10500円もするミネラル水・・・宗教がらみの会社の社長のいうことを信じるか、名古屋大学を始め、世界の一流大学の教授の研究成果を信じるか、それぞれの人の自由です。
ちなみに、身の回りに健康食品オタクが数人いましたが、みな60歳前後で亡くなりました。玄米しか食べないとか、サプリメントを山ほど使用するとか。考えようによっては、健康食品をとっていなければ、もっと早く寿命がつきたのかも知れませんが・・・。


【PR】

紙の本/『サクサクわかる四柱推命の本』
(上・下巻セット)小山内彰著
電子書籍もあります。
内容は、四柱推命の入門書です。
前著から、内容も構成も大きく変わりました。そして「五行の調和」に加え、「通変の調和」という新視点についてくわしく解説しています。実例も豊富で、ビートルズの解散の原因について、レノン氏とマッカートニー氏の命運から、誰もが納得のいくような、必然的とも言えるひとつの答えを提示することができました。
また、オリンピック金メダリストの命運から、メダル獲得の必要条件の一端が明らかになりました。


紙の本/中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論 
小山内彰訳註
電子書籍もあります。
『滴天髓』は、700年ほど前、中国において元から明にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。
現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。
本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げて、清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝(ようせいてい)、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝(かんぽうてい)、同治帝(どうちてい)、光緒帝(こうちよてい)、宣統帝(せんとうてい)(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運、つまり、国家のトップとその存亡の関係を四柱推命の視点から解明しています。
なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」を読まれていることが望ましいと言えます。

 

ネット上ではレーシックのいいウワサを見かけませんが

  • 2012.11.22 Thursday
  • 22:11
自身は、親の遺伝なのか、生まれつき視力が良く、加齢後も1.2ほどを保っているので、レーシックにはまったく無縁でして、身の周りでも、5年くらい前、レーシックの手術を受けた人が一人いるくらいで、レーシックの実態はよく知りません。
しかし、ネット上では「レーシック難民」という用語も生まれているくらいで、思ったように視力が回復しないだけでなく、後遺症に悩まされている人もいるようです。
そもそも、いくら技術が進歩しているとしても、角膜をレーザーで成形するのは、かなり危険なことではないかと思います。自身、もし視力が低下しても、コンタクトレンズさえ抵抗感があります。眼鏡で十分です。
角膜をレーザーで削り、焦点距離を調整し、理論上は視力が良化するのでしょうが、人に聞いた話では、術後のすぐあとは、度の合わない眼鏡をかけているように感じる、と言っていました。眼鏡なら外すことはできますが・・・。


【PR】

紙の本/『サクサクわかる四柱推命の本』
(上・下巻セット)小山内彰著
電子書籍もあります。
内容は、四柱推命の入門書です。
前著から、内容も構成も大きく変わりました。そして「五行の調和」に加え、「通変の調和」という新視点についてくわしく解説しています。実例も豊富で、ビートルズの解散の原因について、レノン氏とマッカートニー氏の命運から、誰もが納得のいくような、必然的とも言えるひとつの答えを提示することができました。
また、オリンピック金メダリストの命運から、メダル獲得の必要条件の一端が明らかになりました。


紙の本/中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論 
小山内彰訳註
電子書籍もあります。
『滴天髓』は、700年ほど前、中国において元から明にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。
現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。
本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げて、清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝(ようせいてい)、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝(かんぽうてい)、同治帝(どうちてい)、光緒帝(こうちよてい)、宣統帝(せんとうてい)(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運、つまり、国家のトップとその存亡の関係を四柱推命の視点から解明しています。
なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」を読まれていることが望ましいと言えます。

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 健康診断の日〜また視力がアップする!
    カキえもん (11/01)
  • 香山リカ虚言問題について〜所属の立教大学にも問題を感じる
    Hiro (05/10)
  • 田母神俊雄・都知事候補の秋葉原街頭演説〜握手もしてきました
    saya (02/25)
  • 田母神俊雄氏の政治資金パーティーに参加〜生まれて初めて
    朝日新聞を人間の鎖で包囲する会 (01/14)
  • 福原愛(瓷娃娃)選手、ほとんど左右対称の顔・・・美人の条件クリア!
    おお確かに (10/09)
  • スパコン「トップ500」が発表〜中国が1位へ返り咲き
    Jedimaster (06/21)
  • 怪しげな2リットル10500円もするミネラル水を勧められる
    Jedimaster (05/07)
  • 市川團十郎、辞世の句「色は空 空は色との 時なき世へ」・・・
    jun (03/06)
  • 歌舞伎界の不幸の連続に「歌舞伎座の呪い」などという流言が!
    つつざき (02/05)
  • アドビCS6のドリームウィーバー(DW)のFTP接続がおかしい
    mocky (01/25)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM